Mt. TAKAO Produce

Interior

M House

Completion : 10.2021
Location : Tokyo Japan
Use : House
Client : Confidential
Photo :Tomoki Hirokawa

This renovation plan for a condominium located in central Hachioji, Tokyo, aims to create a neutral space for contemporary art and furniture that has been collected over many years.

With a future conversion into a rental property in mind, the layout remains mostly unchanged to retain the existing 2LDK floorplan for high versatility. On the other hand, the use of finishing materials, residential equipment, and lighting fixtures that are of a higher grade than most condominiums creates a high-end living space.

The inclusion of black as an accent color amid the primary colors of gray and wood tones creates a quiet and calm space. While elements such as the flooring and TV stand, which will remain unchanged over the medium to long term incorporate high-end materials, the use of easily replaced vinyl wallpaper allows for lower-cost repairs when renting.

While the existing brown doors with panels and glass have been retained to preserve the retro feel, the lever handles are painted black for a sharp look. The lighting fixtures include brackets, spotlights, downlights, and pendant lights to best match the purpose of each, but the color temperatures are kept at 3000K throughout for a consistently warm lighting design.

Through a remodeling approach that keeps much of the original floorplan and functionality unchanged but makes full use of detailed design techniques throughout, we have created a space with new value comparable to a full renovation.

東京都八王子市の中心街に建つマンションの改修計画です。長年に渡って収集してきた現代アートや家具を収めるためのニュートラルな空間として計画されています。

将来賃貸物件へと変更することを想定し、間取りの変更はほとんど行わず汎用性の高い2LDKの既存プランを維持しています。その一方で、仕上げ材や住設機器、照明器具のグレードを一般的なマンションより上げることで豊かな住空間を創出しています。

グレーと木質を基調とし、差し色にブラックを入れることで落ち着いた空間にとしています。フローリングやTV台の天板といった中長期に渡って更新を行わない箇所に関してはグレードの高い材料を用いつつも、壁面の仕上げには更新しやすいビニルクロスを選択することで、賃貸時の修繕コストを意識した計画としています。

鏡板やガラスが入ったブラウンの既存框戸のレトロな雰囲気は継承しつつも、シャープな印象を演出するためにレバーハンドルをブラックに塗装にしました。照明器具はブラケット、スポット、ダウン、ペンダントを目的に応じて使い分ける一方で、色温度は3000Kに統一し暖かさを感じられる照明計画としています。

元々の間取りや機能を変更しないリフォームの手法を採用しつつも、随所で細かな設計テクニックを駆使することで、リノベーションと同様に新たな価値を持った空間を実現させました。

  • Images

    1/9

  • Images

    2/9

  • Images

    3/9

  • Images

    4/9

  • Images

    5/9

  • Images

    6/9

  • Images

    7/9

  • Images

    8/9

  • Images

    9/9

Top ∧